2018年12月30日

よいお年を

12月31日(月)
いよいよ、平成30年(2018年)も暮れ行こうとしています。

思い起こせば、今年高知追手前高校は140周年という節目の年を迎え、周年を記念しての催しを行いました。
年が暮れても明けても、多くの人たちに支えられながら、追手前高校は悠久の歴史を重ねていくことでしょう。
時計台を擁する現校舎も、幾多の出来事を眺めつつ、来年、米寿を迎えます。
DSC_0990-36588.JPG
この学び舎が、幾久しく若者を育む場として発展していくことを、心から願っています。

街中も年の瀬の装いを見せています。
DSC_1084.JPG
そしてまた、新年の準備も見受けられます。
DSC_1039.JPG 
DSC_1070-47e42.JPG

本校の生徒たちにとって、来たる年が充実し希望に満ちた時となるよう、祈ります。

今年、このブログをご覧いただきありがとうございました。
来年も、学校の様子を中心にお伝えする予定です。
ぜひご覧ください。

では、良いお年を。
posted by 教頭 at 18:40 | 日誌

2018年12月28日

3年センター直前演習(本年最終)

3年センター直前演習も本年分は今日(12/28金)で最終、13:00の演習終了後に今年1年お世話になった教室を掃除して新年の演習再開に備えました。年明けの演習再開は1/4(金)から、授業は1/8(火)からとなります。センター本番まで20日余り、悔いのないラストスパートを期待します。
PC280010.JPGPC280012-001.JPG

なお12/31(月)・1/1(火)の両日は学校が完全閉鎖となりますのでご注意ください。
続きを読む
posted by 教頭 at 14:00 | 日誌

2018年12月25日

3年センター直前演習

12月25日(火)

冬季休業に入りました。
しかし3年生はもちろん、休みどころではありません。
3年間の学習の集大成、大学入試センター試験が間近に迫っているからです。

今日から、センター直前演習が始まりました。
年末年始休暇を間に挟んで1月7日まで、問題演習中心の補習を行い、地歴公民と理科の得点アップを図ります。

DSC_0995.JPG DSC_1003.JPG
DSC_0997.JPG

この自らとの闘い、どうかしっかりと乗り越えてください。
3年生の皆さんの進路実現を期待しています。
posted by 教頭 at 13:11 | 日誌

2018年12月24日

科学の甲子園

12月24日(月)

本日、第8回科学の甲子園高知県大会が、オーテピアの4階ホールで行われました。

IMG_2779.JPG

エントリーしたのは、2年生7名です。

午前中は、物理・化学・生物・地学・数学の筆記審査。
昼食を挟んで、午後は、物理と生物の実技審査が行われました。

物理の実技審査、バネの測定の様子。


実技審査は、日頃の学習の成果とチーム力で挑みます。

健闘した結果、「チームワーク賞」をいただきました。
生徒の皆さん、そして大会役員の皆さん、お疲れさまでした。
posted by 教頭 at 14:33 | 日誌

保護者面談

12月24日(月)

各ホーム、保護者面談が行われました。
ホームによっては22日に開始したところもあり、実施日程は若干異なりますが、昨日から26日までの間が多く行われます。

保護者または保護者+生徒がホームルーム担任と面談します。
面談時間は15分〜30分程度。
これもホーム・生徒によって異なります。

内容は、学校や家庭での生活について、学習について、学習成績や全国模試の結果について、卒業後の進路について等々。
3年生では、差し迫ったセンター試験についてや具体的な受験計画などについても話し合われます。



保護者の方々、お忙しいところ面談に来ていただきありがとうございます。
子どもの将来のために、ともに情報交換しながら育んででまいりましょう。
今後ともよろしくお願いします。
posted by 教頭 at 14:26 | 日誌

2018年12月21日

冬休み前の全校集会

12月21日(金)

年の瀬も差し迫ってまいりました。

明日から1月7日までは冬休みです。
本日、休み前の全校集会が行われました。
追手前高校は前後期の2学期制のため、この時期に終業式はありません。
夏期、冬期の休業前には全校集会を行い、今までの振り返り、休み中の生活や学習などについて確認をします。

午前中は平常授業。
午後からは大掃除と全校集会がありました。

北体育館に集合し、

IMG_2744.JPG

校長訓話、進路指導部・生徒指導部による話、と続きます。


IMG_2749.JPG

さらに、伝達表彰が行われました。
表彰されるのは、登山部、柔道部、英語ディベート大会チームです。




伝達表彰の後は、各教室に戻ってホームルーム。
担任からの話や連絡事項に傾聴していました。

平成30年も余すところあと10日。
明日からは17日間にわたる冬期休業に入ります。
くれぐれも事故・病気には気をつけて、意義ある年末年始にしてください。
posted by 教頭 at 16:20 | 日誌

2018年12月15日

高知県高校生津波サミット

12/15(土)、本年度の「高知県高校生津波サミット」が県立・工科両大の永国寺キャンパスならびに本校・芸術ホールを会場に開催されました。県内公立・私立高校や中学生など約300人が参加したサミットには本校からも生徒会の5人が出席し、全体会の司会進行など与えられた役割もこなしながらグループ協議や講演、全体会など他校の生徒との交流を通して防災意識を高めました。高知県高校生津波サミットは平成28年に世界30ヵ国の高校生が黒潮町に集まって開催された「『世界津波の日』高校生サミットin黒潮」で表明された「黒潮宣言」に基づき、未来の高知県を担う高校生が防災リーダーとして成長し活躍することを目的に開催されています。
PC150023-001.JPGPC150028.JPG
PC150036.JPGPC150053.JPG

posted by 教頭 at 17:00 | 日誌

2018年12月14日

1年・2年のレオタイムおよびLH

12月14日(金)

本日のレオタイム(総合的学習の時間)とLH(ロングホームルーム)は、
 1年生……「先達」(人生の先達からの聞き取り学習)と研修旅行の準備
 2年生……進路学習
を行いました。

1年生
6時間目は「先達」に向けた準備です。
先達へ送る手紙(挨拶)の下書きを、手紙の書き方を学びながら行いました。


7限目は、北体育館で研修旅行(平成31年1月15日〜19日・新潟県越後湯沢)に向けた取り組みを行いました。
内容は、学年主任からの話、校歌練習、保健指導、旅のしおりについて、整列練習です。


特にこれから流行性感冒(インフルエンザ)が流行する時期に入ります。
体調管理をいつも以上に心がけてください。
インフルエンザ予防には、予防接種、適切な睡眠と栄養摂取、規則正しい生活、うがい・手洗いの励行が効果的です。


2年生
6限目は芸術ホールが会場です。
11月全国模試の学年全体の振り返り(進路指導部より)、現役大学合格に向けた学習法レクチャー(各教科より)がありました。




7限目は教室で。
生徒それぞれが、自分の模擬試験結果について分析して学習計画・学習方法の見直しを行い、さらに志望大学学部学科の入試教科・科目を調べました。

2年生は、入試本番まで1年あまり。
本当にあっという間に過ぎていきます。(と卒業生が口をそろえて語りました。)
posted by 教頭 at 15:25 | 日誌

2018年12月13日

センター試験予行

12月13日(木)

昨日と今日、3年生ほぼ全員がセンター試験予行に臨みました。

今年のセンター試験は、年を明けてからの平成31年1月19日(土)・20日(日)。
残り1ヶ月あまりとなったこの時期、本番で失敗をしないよう万全を期します。
そしてこの予行で課題が明らかになれば、本番までの間に修正します。

日程、試験場、方法などは本番さながら。
できるだけ本番当日に条件を近づけます。
受験票の発行やハンドベルを使っての合図も行います。



控え室は食堂。
食堂から指定の時間までに試験場まで移動します。



試験場に入ると、無言のまま待機します。
この沈黙の時間が、気が遠くなるほど長く感じられます。



ハンドベルの合図で、解答開始。
慎重に、正確に、かつスピーディーに取り組まなければなりません。




IMG_2576.JPG

再びハンドベルの合図で、解答終了。
マークシート回収後、試験場を出て控え室に戻ります。

朝および受験時間以外は控え室で過ごします。
控え室での過ごし方も、本番で力を発揮する大事なポイント。



IMG_2579.JPG

控え室では、さすが追手前高校の3年生、と感じます。。
260名を超える人間が一堂に会しても、話し声はまったく聞こえてきません。
一人ひとりが他の生徒を気遣いつつ、自分がすべきことに集中しています。
この雰囲気が、仲間とともに受験を乗り越える士気高揚につながります。

2日間のセンター予行が、本番での結実になることを祈ってやみません。
posted by 教頭 at 11:51 | 日誌

2018年12月12日

第17回校内英語ディベート大会

12月12日(水)

本日、校内英語ディベート大会が本校の芸術ホールで開催されました。
この大会、毎年回数を重ね、今回で17回目となります。


IMG_2602.JPG

1年、2年、それぞれの学年予選(先週の金曜日に実施)を勝ち抜いた2チームずつが、各学年の決勝に臨みました。

1年生決勝戦の模様。


IMG_2624.JPG 

テーマは学年予選と同じ「日本のすべてのコンビニエンスストアは深夜営業を廃止すべきである」。
対戦は、4ホーム VS 7ホーム。
両チームともよく準備して挑みました。
結果は接戦の末、7ホームが優勝しました。

続いて2年生決勝戦の模様。


IMG_2635.JPG

2年生のテーマも学年予選と同じで「日本政府はカジノ付総合レジャー施設(IR)を促進すべきである」。
対戦は、3ホーム VS 4ホームです。
昨年より一段とレベルアップした討論となりました。
論理と論理のぶつかり合いの結果、接戦を制したのは4ホーム、見事優勝を飾りました。

この大会、フロアにいる生徒たちも熱心に聞き、応援し、壇上の生徒たちを盛り上げました。

IMG_2614.JPG

途中、1年代表生徒による模範の英語スピーチも紹介されました。

IMG_2640.JPG

締めくくりは、ジャッジによる講評と表彰です。





英語というコミュニケーションツールを用いながら、テーマへの理解を深め、討議をしていく英語ディベート。
この取り組みを通して、英語力のみならず、対話力、プレゼンテーション力、テーマに関する知識と教養、論理的思考力など、実に多くのものが身についたと確信しています。
代表チームの生徒皆さん、お疲れさまでした。
そして、ジャッジをしてくださった先生方、ありがとうございました。

なお今週の土日、15日・16日には、全国高校生英語ディベート大会が福井県福井市で開催されます。
本校からは、高知県予選で優勝をした2年生6名が、県代表として参加します。
テーマは「日本政府は本人の意志による積極的安楽死を合法化すべきである」。
全国大会出場は、今回で4回目。
出場生徒は、初の予選通過を目指し、難解なテーマについての調査および英語ディベートの練習を重ねてきました。

応援をよろしくお願いします。
posted by 教頭 at 15:49 | 日誌

2018年12月10日

交通安全街頭キャンペーン

12月10日(月)

にわかに寒波が訪れました。
今日の高知地方の最低気温は3.6℃、最高気温は11.9℃。
真冬なみの気候です。

そんな寒さもどこ吹く風、本日16:00〜16:30の間、交通安全街頭キャンペーンが行われました。


毎年行っている行事で、本校の家庭クラブが、高知警察署および高知県交通安全協会高知支部の協力をいただきながら実施をしています。
場所は、追手前高校の南東に位置する中ノ橋通り交差点です。


1年生の各ホーム2名ずつ計14人の家庭クラブ員が、信号で停車中のドライバーに交通安全の呼びかけを行い、「祝い箸」を配ります。

祝い箸
IMG_2564.JPG

祝い箸には、生徒たちが考えた交通標語がプリントされています。
 「ただいま」と 家に帰れる 小さな幸せ
 曲がり角 意識一つが 生死を分ける   etc.
また、箸袋は生徒たちが家庭科の授業で作りました。

それぞれがドライバーに声がけをすると、快く祝い箸を受け取ってくれました。




IMG_2558.JPG

約30分の間に、祝い箸を200セット配りました。

学校に戻り、最後に講評をいただきます。

IMG_2526.JPG

ドライバーの方々、どうぞ安全運転を心がけてください。

参加した家庭クラブ員の皆さんは、寒い中お疲れさま。
生徒たちの安全を祈念する気持ちが、きっと運転者に通じたことでしょう。

そして、ご協力いただいた高知警察署と交通安全協会の方々、本当にありがとうございました。
今後も、ともに交通事故のない地域社会のために取り組めればと思っています。
posted by 教頭 at 17:45 | 日誌

2018年12月07日

英語ディベート学年予選

12月7日(金)

本日の1、2年生のレオタイム(総合的学習の時間)は、英語ディベート大会の学年予選です。
今まで英語の授業を用いて、各ホーム、各グループでディベート大会の準備を進めてきました。
学年予選は、その成果を発揮する機会です。
1年生は食堂で、2年生は芸術ホールで開催されました。

1年生
「日本のすべてのコンビニエンスストアは深夜営業を廃止すべきである」をテーマに、肯定側と否定側に分かれてディベートが行われました。
接戦が多く、特に準決勝はジャッジが迷うほど。
今までの1年生のディベート学年予選と比べて、サマリー(要約)が優れていました。
終了後は、ジャッジがしばらく残ってくれましたが、参加者がジャッジに熱心に質問する姿が見られました。



IMG_2512.JPG

2年生
「日本政府はカジノ付総合レジャー施設を促進すべきである」というテーマのもと、肯定側、否定側とも熱弁をふるい、大いに盛り上がりました。
説得力のある説明にジャッジが所々で迷ってしまうような、熱い戦いです。
昨年に比べて格段にレベルアップしており、1年間の成長ぶりに驚かされました。
オーディエンスも熱い声援を送って会場がひとつになり、参加者は楽しく充実した時を過ごしていたようです。

今日の予選の結果、来週の水曜日(12月12日)の第17回英語ディベート大会へ出場できるのは、1年生が4ホームと7ホーム、2年生が3ホームと4ホームとなりました。
本大会での健闘を祈ります。
posted by 教頭 at 17:49 | 日誌

2018年12月06日

長崎健吾さん 群像新人評論賞 受賞

12月6日(木)

IMG_2447.JPG

今日はひとつ大変嬉しいご報告をお届けします。

11月22日付け高知新聞朝刊で報道されていたとおり、本校卒業生の長崎健吾さんの評論「故郷と未来」が、「第62回群像新人評論賞」を受賞しました。(この受賞に関する記事は、全国版の新聞各社でも紹介されています。)
「群像新人賞」は、講談社の文芸誌『群像』が創設した賞で、作家や評論家の登竜門とされている、伝統と格式ある賞として有名です。
今まで、著名な小説家や評論家の数々が、若い頃に「群像新人賞」受賞しています。
ちなみに「群像新人評論賞」は、3年前に「群像新人賞」の評論部門が独立したものです。

長アさんは平成19年3月本校を卒業後、東京大学に進学。東京大学大学院で日本中世史の研究を続けるかたわら、今回受賞した作品を執筆したそうです。

P1130597.JPG

長アさんの受賞作「故郷と未来」は日本民俗学の開拓者とされる柳田國男をテーマとした評論です。

選考委員の鷲田清一氏はこの作品について「全編、知見のひけらかしなどとは無縁の、控えめで丁寧な叙述」と評しています。同じく選考委員の熊野純彦氏、大澤真幸氏も、頭のよさや「あたらしさ」を競う風潮から独立した、切実さや気品を賞賛しています。しかも長アさん自身「高校生くらいの方が予備知識なしで読める」文章を目指したそうです。
ですから、在校生には、長アさんの文章を読んで、まっすぐ丁寧に考えるいとなみを味わってもらいたいと思います。
本文は『群像』12月号で読むことができます。
本校図書館で所蔵しているので、在校生のみなさんぜひ読んでみてください。
そして、寺田寅彦、やなせたかしといった偉大な諸先輩方から長アさんがつなげようとしているバトンを受けとってください。


受賞後に長アさんが本校を訪れ、在校生に柳田國男のこと、東京大学のこと、歴史学研究のことなどを話してくださいました。


今回の受賞発表は、本校の創立140周年記念日とほぼ同じ時期に重なり、祝賀ムードにさらに華やぎをそえてくれました。
ぜひまた母校に足を運んでいただき、後輩を激励していただけますようお願いいたします。
今回、長アさんが栄誉を得られたわけですが、本校を卒業生されたみなさんはそれぞれの持ち場で一隅を照らしておられるにちがいありません。
長崎さんをはじめ、本校卒業生のいっそうのご活躍を期待いたします。
続きを読む
posted by 教頭 at 11:41 | 日誌

2018年12月04日

後期中間試験最終日・防災訓練(火災避難訓練)

12月4日(火)

師走に入りました。
なぜか温暖な気候が続いています。
とはいうものの、やはり師走は師走、近いうちに必ず寒波が訪れるはず。
今のうちに体調の維持管理に努めておきたいものです。

本日、後期中間試験の最終日でした。

休み時間も、試験勉強に余念がありません。


そして試験が始まると、集中して取り組みます。


IMG_2466.JPG

今回の試験の結果やいかに……。
返却される時が楽しみ(なはず)です。

中間試験の日程終了後は、防災訓練。

本日はグランド状態不良により、北体育館へ避難します。


IMG_2473.JPG

体育館での点呼、講評。


その後、消火訓練を行いました。

IMG_2479.JPG

いざという時のために、準備には準備をしておくことが肝心です。

明日からまた平常授業。
この時期、3年生はセンター試験の演習に取り組み、最後の追い込みをかけます。
いよいよ本番に向けて動き出します。
posted by 教頭 at 17:55 | 日誌