2018年08月26日

津波サミット被災地訪問・第3日

高知県高校生津波サミットの被災地訪問・第3日目(最終日)は宿泊地である大阪からバスで淡路島に移動し、午前〜昼にかけて北淡震災記念公園で野島断層保存館や震災体験館などを見学しました。宮城で学習した都市型津波と同様に、活断層の脅威もまた私達の生活空間と深く関わっています。震災への複雑な思いを抱えながらも辛い体験を未来への学習につなげようとする人々の思いをしっかりと受け止め、将来の防災・減災に大きく役立ててほしいと思います。
P8261990.JPGP8262018.JPG
午後は一路高知に向かい、高知空港や高知駅でそれぞれバスを降車、被災地訪問の全日程を無事終了しました。各地でお世話になった皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


posted by 教頭 at 23:13 | 日誌