2012年04月27日

生徒総会

本日7限目は、北体育館で生徒総会と引き続き生徒会役員の解任・認証式が行われました。今年度の生徒会予算が承認されたあと、解任・認証式では校長先生よりねぎらい、および今後への期待とともに執行部での活動がかならず今後の人生を生きる上で大きな経験となること、また生徒全体にたいして民主社会での役割として代表である執行部を支える大切さについてのお話がありました。P1020945.JPGP1020943.JPG
posted by 教頭 at 16:49 | 日誌

2012年04月26日

文理選択

本日の1年生レオタイムは文理選択に関する一回目の説明が行われました。進路指導部長からは、教科の好き嫌いではなく、将来の目標や学びたい学問領域から選択する大切さが話され、教務部長からは10月の本登録に向けての日程、および2年次・3年次での教科の違いが、文理別に説明されました。文理選択という大きな決断に向けて、授業やレオタイムといった学校生活だけではなく、社会の動きなどにも十分関心を払いながら、問題意識を持った「学び」を続けて欲しいと思います。P1020935.JPGP1020937.JPG
posted by 教頭 at 16:11 | 日誌

2012年04月21日

3年学年PTA・進路説明会

 本日4月21日(土)午前、3年生保護者対象の学年PTA並びに進路説明会が行われました。土曜日で何かとお忙しい時にもかかわらず、170名の保護者の方に参加していただきました。
 3年学年主任からは「保護者の皆様には、お子様の体調管理・受験にかかる費用の準備をお願いしたいと思います。特に、『応援しているよ』という姿勢をお子様に示してあげて欲しいと思います。」という話がありました。進路指導主事からは、入試制度についてや奨学金制度の説明をさせていただきました。
 11時過ぎからはホーム別に分かれての、ホーム懇談会が行われています。
 ご参加いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。P1020924.JPGP1020921.JPG
posted by 教頭 at 11:36 | 日誌

2012年04月19日

1年生レオタイム「追手前高校の歴史」

 本日6限目の1年レオタイムは、「追手前高校の歴史」を学ぶということで、芸術ホールで井上博史同窓会特別顧問からお話をお伺いしました。
 井上顧問のお話は、楠木繁夫の歌から始まり、本校の沿革、校友の方々のご活躍、現追手前高校生への期待へと続き、終始熱い口調での心に残るものでした。
「今の日本の若者は内向き思考で、外国への留学も減っている。もっと外に目を向け、どんどんと海外にも出て行ってもらいたい。また、自国への誇りを持ち、多くの先人たちのことをもっと勉強して知ってもらいたい。」というメッセージは、1年生の皆さんにもきっと伝わったことと思います。
 その後、田邉教頭から、「素直で努力を惜しまない生徒が多い点は昔も今も変わらないが、授業を大切にする姿勢はより強固なものに変化している。難関大学の合格者も増加してきた。」という内容の、この10年間の追手前高校についてお話がありました。
P1020902.JPGP1020913.JPG
posted by 教頭 at 15:51 | 日誌

2012年04月17日

身体発育測定・新体力テスト

 本日4月17日(火)午後、身体発育測定と新体力テストが実施されました。昨日雨だったので少し心配されましたが、グランドも乾き、外での体力テストも無事実施することができました。新体力テストは「50メートル走」「ハンドボール投げ」「立ち幅跳び」の3種目で行われました。
陸上部・野球部・バスケットボール部の部員が補助をしてくれて、測定がスムーズに進んでいます。P1020890.JPGP1020894.JPG
posted by 教頭 at 14:54 | 日誌

生徒会役員立会演説会

 昨日4月16日(月)、平成24年度前期生徒会役員の立会演説会がありました。会長、副会長に立候補した2名とも昨年度生徒会での活動経験があり、その経験をもとに精一杯努力をしたいという内容のスピーチを行いました。1年生にとっては初めての選挙となりますが、自分の教室に帰ってから、しっかりと自分の意志で投票していました。
P1020877.JPG
posted by 教頭 at 07:59 | 日誌

2012年04月16日

「しこクイズ」応援ありがとうございました

 4月13日(金)にNHKで放映された「しこクイズ」への応援、本当にありがとうございました。

 当日、16:30にNHK松山放送局に到着しました。最初は緊張した面持ちだった生徒たちでしたが、先に到着していたOB二人の出迎えを受け、お互いの自己紹介が終わる頃には、打ち解けた和気あいあいとした良いムードになりました。
 本番前のリハーサルでは、高知の応援団長のチキチキジョニーさんがとても優しく接してくださって、生徒にも笑顔が見られるようになりました。
 そして、いよいよ本番。この日はNHKの全国ニュースが延長され、20分ほど遅れての放送となりました。予想していたような問題ではなく、少し焦ってしまうところもありましたが、生徒たちは本当によく頑張ったと思います。また、たくさんの応援メールを送っていただき、ありがとうございました。大きな励みになりました。この場を借りてお礼申し上げます。

 優勝を狙っていましたが、結果は3位となりました。残念ではありますが、他県の高校生と触れあったり、秒単位で指示を出し番組を作り上げるプロの現場を垣間見ることができたりと、得ることも多かったです。
 これからも、追手前高校へのご支援をよろしくお願いします。
P1020867.JPGP1020869.JPG
posted by 教頭 at 09:54 | 日誌

2012年04月13日

校歌指導

新入生オリエンテーションが続いています。今日の午後は、音楽部の先輩方による校歌指導が行われました。初めて校歌を歌いましたが、最初から大きな声が北体育館に響きました。校歌.JPG
posted by 教頭 at 13:48 | 日誌

2012年04月12日

新入生オリエンテーション(3)

午後からは追手前高校探検(校内施設見学)でした。写真のの時計台以外にも、日頃入ることがない校長室や芸術ホール地下の校史資料室などで貴重な資料に触れることができました。各指定場所をローテーションでまわり、それぞれの場所で担当教員から時折出されるクイズに答えます。また、校舎内のあちこちに貼られている本校のマスコット「ギンコちゃん」の場所もあわせて正当したもののうちから何名かにはもう一つのマスコット「0ー君」ボールペンがもらえます時計台.JPGマスコット.JPG
posted by 教頭 at 18:50 | 日誌

「しこクイズ」に出場します!

明日、4月13日(金)にNHK総合で放送される「四県対抗しこクイズ」に、本校の生徒・卒業生6名のチームが出場します。『四県が、四国への愛をクイズで競い合う』というのが番組のコンセプトです。生放送ですので、是非、テレビの前で応援よろしくお願いします。

 ○ 4月13日 NHK総合テレビ 19:30〜20:43
 ○ 「四県対抗しこクイズ」公立伝統校対決
 ○ 出場高校  松山東高校・高知追手前高校・城東高校・高松第一高校
 ○ 詳細はNHK松山放送局ホームページをご覧ください。
posted by 教頭 at 18:36 | 日誌

新入生オリエンテーション(2)

オリエンテーション中の授業風景です。英語の時間は、語学学習に欠かせない辞書を使って、自学自習ができるように辞書指導を例年行っています。英語.JPG英語2.JPG
posted by 教頭 at 09:57 | 日誌

新入生オリエンテーション

追手前高校恒例の約一週間かけて行われる新入生オリエンテーションが火曜日から始まっています。この期間中、新入生は高等学校での学習スタイルに慣れるため、英数国の3科目を実際に教室で予習し、次の時間にその範囲の授業を体験します。またそれ以外にも、校長先生からのお話や校歌練習等少しでも早く新入生が本校での生活に慣れることができるようさまざまな工夫をしています。今日の午後は、芸術ホールで3名の先輩方から部活動と勉強の両立方法などの具体的なアドバイスを話してもらうパネルディスカッションがありました。パネル.JPG
posted by 教頭 at 09:12 | 日誌

2012年04月10日

離任式・対面式

今日の午後は、北体育館で離任式と対面式が行われました。離任された先生方のうち、昨年まで1年1Hを担任されていた近安先生が来校されました。目標に向かって頑張ることを大事にして欲しいという熱いメッセージを下さった後、先生の好きな歌をはなむけとして歌って下さりました。終了後、新入生と上級生の対面式が行われ、新入生代表者と生徒会長の岩原君からそれぞれ挨拶がありました。近安.JPG対面式.JPG
posted by 教頭 at 17:28 | 日誌

平成24年度 入学式

 4月7日(土)に、平成24年度入学式が芸術ホールで挙行されました。少し緊張した面持ちの新入生の皆さんは、真新しい制服に身を包んで、多くの保護者の方々に見守られながら式に臨みました。
 校長先生の、「皆さんには次代を担うリーダーとして活躍して欲しい。特に、無から有を生み出すクリエイティブな思考力を持ち、志を持って周りを幸せにできる人に育って欲しい。そのために、まず高校生のあたりまえである『勉強』にしっかりと取り組んで欲しい」という内容の式辞に頷く姿には、頼もしさを感じました。
 時計台下の暮らしに一日も早く慣れ、充実した生活が送れるように、私たち教職員も精一杯サポートしていきたいと思います。
P1020814.JPGP1020815.JPG
posted by 教頭 at 15:23 | 日誌

2012年03月19日

平成23年度終了式

 本日午後、芸術ホールで終了式が行われました。式の後は、各ホームで最後のホームルームが行われ、担任から皆勤賞の表彰状を受け取ったり、通知票や成績表に目を通したりしました。本校は学年ごとにクラス替えがあるので、このホームで過ごすのも今日が最後となります。各教室からは名残を惜しむ声や、1年間を振り返ってクラスのみんなに感謝を述べる声などが拍手とともに聞こえてきました。
 明日から春季休業となります。次の学年への準備期間として、規則正しい日々を過ごして欲しいと思います。
P1020794.JPGP1020797.JPG

posted by 教頭 at 15:50 | 日誌

2012年03月16日

OGAプログラム

 本日13:15から、本校を卒業し、東京大学・九州大学・広島大学等に進学した大学生の先輩による講演会(OGAプログラム)が開催されました。2年生全員と1年生の希望生徒が8つのグループに分かれ、大学の様子や受験勉強のコツなどをお聞きしました。50分ほどの短い話でしたが、「センター試験では苦手科目を作ったらダメ」「最後の最後まで力は伸びる。1点にこだわるがむしゃらな気持ちが大事」「模擬試験だとあなどったら後悔する。常に本番に臨んでいる気持ちで」「周りに支えてくれている人がいる。そういう人の存在を忘れずに」「面接では素の自分が試される。いい事を言ってやろうと思って練習しいても必ず突っ込まれる。自分の中にいかに蓄積があるかが問われる」などの熱いアドバイスとエールをいただきました。
 8人の卒業生の皆さん、後輩のために忙しい中時間を都合してくれてありがとうございました。
P1020789.JPGP1020785.JPG


P1020782.JPGP1020783.JPG
posted by 教頭 at 14:32 | 日誌

2012年03月14日

生徒の美術制作作品「OO(おお)君・ギンコちゃん」

・授業作品の紹介です。

 美術Tを選択している生徒たちが、本校のキャラクターである「OO君・ギンコちゃん」のフィギアを制作しました。「伝統ある追手前高校に入学し、縁あって美術を選択したみんなにしかできない事、できない物を作ろう」ということで、自分の将来の夢や今自分が夢中になっている事などを表現しました。

 オリジナルのOO君は下の写真です。
P1020779.JPG


 表情やコスチューム、動きを変える事でそれぞれのOO君・ギンコちゃんを仕上げました。P1020771.JPGP1020758.JPG

P1020773.JPGP1020764.JPG

どの作品も、工夫が凝らされていて、「将来教師になりたい!」「ソフトボール部、目指せ!全国大会!」などの思いが伝わってきました。
posted by 教頭 at 13:33 | 日誌

2012年03月09日

演劇部「全国大会」出場のお知らせ

 本校演劇部が、昨年末に行われた四国大会で2位(優秀賞)をいただき、3月24日に宮城県で行われる全国大会(各ブロック2位のチームによる)に出場することになりました。「見よ、飛行機の高く飛べるを」という、明治時代に自らの意志を勇気と誇りを持って貫こうとした女学生を描いた作品です。追手前高校演劇部の全国大会出場は20数年ぶりとなり、日ごろの地道な練習への取り組みと、お芝居に対する真摯な思いが結果となって実を結んだのではとうれしい気持ちです。

 部長の2年梅原さんと演出の2年雨宮さんは、「時代背景は違っても、同じ女性として、悩んだり苦しんだり、友とともに喜んだりする姿にとても共感できた。また、学ぶことで満足せず、そこから社会にまなざしを向けていく姿にも感じるものがあった。四国大会を超える舞台になるよう頑張りたい」と語っています。

 「是非見に行きたいのだけれど、仙台までは…」という多くの声をいただきましたので、全国に出発する前に、本校芸術ホールで上演することにしました。日程は下記のとおりですので、保護者の皆様、興味のある方、お越しいただけたら幸いです。

 日時 平成24年3月16日(金)15:30〜
 場所 芸術ホール

P1020749.JPGP1020746.JPG
posted by 教頭 at 18:35 | 日誌

2012年03月01日

平成23年度 卒業式

 本日3月1日、平成23年度の卒業証書授与式が挙行されました。お天気が心配されましたが、雨も降らず例年よりも暖かな卒業式となりました。会場の体育館に向かう通路の両側には、校友の方から贈られた幟旗が飾られ、多くの先輩に見守られながら入場しているような気持ちになり、改めて追手前高校の歴史の重みを感じたことでした。式には多くの来賓の方々にもご臨席いただき、厳かな中にも暖かみの感じられる式となりました。

 「……昨年3月に起きた、東日本大震災。『当たり前』がどれほど尊いのか、痛感させられました。『大切な人を大切にすること』は、身近な存在であればあるほど難しく、しかし何より大切なのだと思います。『当たり前のように』傍らにいてくれる人たちとの絆、その存在を大切に、思いが相手に伝わるような生き方をしたいです。……」という、周りの人への感謝と、未来への希望と決意が感じられる答辞が読まれると、あちこちからすすり泣きが聞こえてきました。

 教職員一同、卒業生の未来に幸多きことを心から祈っています。学校に対してご支援・ご協力いただきました保護者の皆様に、この場をお借りしましてお礼申し上げます。

P1020745.JPGP1020729.JPG
posted by 教頭 at 15:09 | 日誌

2012年02月11日

第2回開かれた学校作りの会

本日の午後、大会議室で「第2回開かれた学校作りの会」が開かれ、進路指導部よりセンター試験の状況や3年生の出願状況について説明された後、昨年末に行われた学校アンケート結果についてグループ討議を行いました。今年度はアンケート内容が新しくなり、そのなかにあった「追手前高校への誇り」や「リーダー育成」および「理想の追手前高校像」への質問項目に焦点をしぼって生徒、教職員、保護者、校友会らが意見を述べました。グループで司会をおこなった生徒会役員から「1・2年生が誇りを感じられていないのは、まだ鍛え方が足りないから」などといった意見がだされるなど非常に有意義な会になりました。各グループからの発表を聞きながら、こうした観点で保護者や教員と直接意見交換するといった経験自体が、生徒の自主性を育てる「しかけ」として機能しているのだということを実感することができました。開かれた.JPG
posted by 教頭 at 17:15 | 日誌